読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千野静のカリフォルニア通信

米国西海岸に在住の研究者のブログ

不食をしたら腰痛が消えた

健康

ふと思う所があって不食を試みました。不食というのは絶食とは違うもののようですが、言葉の捉え方の違いであってないようにさしたる違いはないと思います。

 

要は食べないということ。日曜日の朝食に薄い食パン2枚と目玉焼きを最後に水曜日の夕食まで3日とちょっと食事を抜きました。

 

飲み物は制限しませんでした。この間、口から入れた物は朝のコーヒーと昼の日本茶、夜はミネラルウォーター。途中途中でミネラルウォーターを飲みました。

 

体に生じた変化は色々とありましたが、主に感覚に関する物が大きかったよ言うに思います。

 

まず匂いや触感が敏感になり、視野が広がったように感じ、周囲のものがよく見えるようになります。また景色が明るく見えるのです。そして頭が冴えます。これは普段、半分寝ぼけているからかもしれませんが。。。

 

便に関しては初日に便通があり、これは通常通りでしたが、三日目の朝、黒い便が少量出ました。宿便というやつでしょうか。

 

あと何よりここ1年半ほど患っている腰痛が無くなりました。これには驚きました。日本の俳優さんが一ヶ月不食をしたと少し前にニュースになっていました。前々から私も不食には興味がありましたがなかなか実践できませんでした。男優さんはそのニュースで腰痛が無くなったと言っていましたが、それは本当でした。私の場合たったの3日ちょっとですが。自然治癒というやつでしょう。人間に限らず動物は自然治癒力を持っています。動物はその力を最大に発揮して病気や怪我を治している。野生の動物は体の不調で薬を飲むということはしません。どうやって直すかというとじっと動かないで、何も食べずに直します。人間だけが自然の法則から外れたことをしている。医薬や医療は必要だと思いますが、人間はもう少し自身の体の内からの声に耳を傾けてみるのがいいように思います。

 

体重はこの三日で60 kgから56 kgへと4 kgちょうど減少しました。不食を止めた水曜日の夕食はご飯を1杯半とみそ汁、塩鯖半身とほうれん草のおひたしでした。

 

不食を止めた後の夜、体重を測るのを忘れたので、翌朝計測しました。この時の体重が58.1 kgでした。そして二日ほどして元の体重60 kgに戻りました。

 

やってみての感想は不食はちょっとやってみるという軽い感覚で試してみるといいと思います。一日二日食べなくても死ぬようなことはありません。また体が軽くなり調子がいい事に気がつくと思います。フラフラして何も手につかないという事もありません。胃腸を休め、口も使わないので虫歯の心配も減ります。そもそも動物は歯磨きなんてしません。歯磨きしないのにどうして虫歯にならないのか。虫歯のライオンとか虫歯の馬や牛とか聞いた事ありません。どうしてなんでしょうか???疑問は尽きません。