千野静のカリフォルニア通信

米国西海岸に在住の研究者のブログ

1985 FXST Softail

会社の上長の友人がバイクから降りられるということで、そのバイクを見せてもらいに行きました。

 

ガレージでオーナーがカバーをどけると、そのバイクは静かに佇んでいた。

 

伴侶となるハーレーに出会えた! と背中に電気が走るのを感じた。

 

これは1985年式 FXST Softail ハーレーダビッドソン。

 

ショベルからエボリューションになって2年目のモデルであり、4速ミッションにキックが付いている。この年式は腰下ショベル、腰上エボという異色のハーレーである。

 

オーナーによると数年の間、ガレージで眠っているということだった。エンジンはもちろんかからない。いわゆるバーンファインドだった。

 

車体のあちらこちらに錆が出ており、saddle bagにはカビのような白い模様が浮いている。

 

外観はボロいが姿勢がいい。私にはこのハーレーが走り出したがっているように見えた。

 

自身にとって4台目となるこのハーレーを譲っていただくことになった。

 

現在修理中で、静かに復活の時を待っている。

f:id:sennouc:20190626192213j:plain

1985 FXST