千野静のカリフォルニア通信

米国西海岸に在住の研究者のブログ

H-1Bビザ保有者が国益免除でアメリカのグリーンカードを取得するまで

 

トータル1年8ヶ月におよんだグリーンカード取得は無事完了し、晴れて家族四人永住権保持者となりました。

 

以下が申請カテゴリー/スポンサー/方法、所要時間/申請センター、費用の概算等

(自分と配偶者と娘二人の計4人分(2018年10月現在)。

 

[申請カテゴリー/スポンサー/方法]

EB2-NIW(国益免除)/自己/I-140とI-485の同時申請(Concurrent)

 

[所要時間/申請センター]

申請書類は弁護士に依頼してから2ヶ月でUSCISに書類を送付しました( Nevada Service Centerでの処理になりました)。

 

[費用]

合計$10,139.74 (弁護士: $4,000/申請費実費: $3,990 ($580 (I-140), $1,070 x 2 ( = $2,140, $635 x 2 = $1,270 (I-485))/メディカルチェック: $1,025 x 2 = $2,050)、Fedex $99.74、(加えてサンフランシスコ領事館やメディカルチェックの際の駐車場代が合計約100ドルほどかかりました。)

 

2013年11月に渡米してからグリーンカード取得に関する情報収集に当たっていました。何をするにも情報がすべてです。アシスタントリサーチャーという、不安定なH-1Bビザ保有者の私がグリーンカード取得まで至ったのは弁護士や家族や友人の支えがあったからに他なりません。本当に皆様ありがとうございます。

 

取得までの道のりはほんとに大変でもう2度としたくありません。ですが今回の申請で得られたのは米国での永住権(通称グリーンカード)。

 

利点は以下

  1. 自分が米国で仕事を得る上で就労ビザの問題がほぼ無くなる
  2. 自分が現在の職場を解雇されても米国に滞在可
  3. 妻が労働許可証無しで働くことができる
  4. 自由にアメリカ国外に出られる

 

下記がグリーンカード取得までの時間的な流れのまとめ。

[Phase3] USCISにグリーンカードを申請してから取得まで

[Phase2] 弁護士に申請資料を送ってからUSCISにグリーンカードを申請するまで

[Phase1] 自分で準備した申請資料を弁護士に送るまで

 

[Phase3]

10/18/2018 (申請後1年10ヶ月) 妻のグリーンカード到着[有効期限:11/18/2016-11/18/2020]

10/10/2018 (申請後1年10ヶ月) 妻のグリーンカード認可

10/3/2018 (申請後1年10ヶ月) 妻の日米の犯罪履歴証明書を移民局に送付

9/26/2018 (申請後1年9ヶ月) 妻の日本の犯罪履歴証明書を領事館で受領

8/3/2018 (申請後1年8ヶ月) 妻の日本の犯罪履歴証明書の申請を領事館で実施

7/24/2018 (申請後1年7ヶ月) 妻の面接と指紋採取を移民局で実施

3/25/2018 (申請後1年4ヶ月) 自分と子供二人のグリーンカード到着[有効期限:11/18/2016-11/18/2020]

3/23/2018 (申請後1年4ヶ月) 自分と子供二人のグリーンカード認可

2/23/2018 (準備開始後1年3ヶ月) 2度目のメディカルチェックの結果受取(自分と家族全員)

2/23/2018 (準備開始後1年3ヶ月) 2度目のメディカルチェックと予防接種(自分と家族全員)

3/03/2017 (申請後2ヶ月半) 一時渡航証到着[有効期限:11/5/2016-11/4/2011]

2/28/2017 (申請後2ヶ月半) 労働許可証到着[有効期限:03/05/2017-03/04/2018]

2/20/2017 (申請後2ヶ月1週間) 労働許可証発行開始

2/15/2017 (申請後1ヶ月半) バイオメトリクス

2/11/2017 (申請後1ヶ月1週間) 別々にバイオメトリクスの日程通知

2/10/2017 (申請後1ヶ月ちょい) バイオメトリクスの日程通知

1/19/2017 (申請) グリーンカード申請日(Priority date)

 

[Phase2]

1/19/2017 (資料送付後1ヶ月) 送付したチェックの申請料金をUSCISが引き落とし

1/18/2017 (資料送付後1ヶ月) USCISがネバダオフィスでプロセスに入る

12/29/2016 (資料送付後1週間後) 配達証明が届き、USCISが受理したことがわかる

12/22/2016 (資料送付後2日後) 弁護士が申請書類一式をUSCISに郵送

12/21/2016 (資料送付) 自分で準備した申請資料と署名済み申請書類を弁護士に郵送

 

[Phase1]

12/11/2016 (準備開始後2ヶ月半) 研究室のPIから推薦状1通を得て、申請資料がほぼ揃う

12/01/2016 (準備開始後2ヶ月3週間) メディカルチェックの結果受取(自分と家族全員)

11/28/2016 (準備開始後2ヶ月1週間) メディカルチェックと予防接種(自分と家族全員)

11/04/2016 (準備開始) 弁護士費用$2,000をPaypalで支払い弁護士と契約を結ぶ(弁護士がNIW-EB2による申請が妥当と判断)すぐに推薦状の例文を貰った

10/26/2016 弁護士に業績集、C.V.を送付

10/23/2016 弁護士にグリーンカード取得可能性を打診

 

#H-1B #アメリカ #グリーンカード #国益免除